ロスチャイルドの闇

ロスチャイルドの陰謀論

ロスチャイルド家のDNA

ロスチャイルド家のDNA
ロスチャイルドは生きている。

あなたは、ロスチャイルドという
言葉をどこかで聞いたことがある
と思います。

人の名前であり、
ファミリーの名前です。

つまり家族名です。

ロスチャイルド家

そういう意味ではありませんが、
昨今、

ペットロス

であるとか、

俳優の名前を冠して「ロス」と
言ったりします。

きわめて身近な存在を
失い、愛する思いとともに
哀惜の念が募り、気持ちの持ち方が
わからなくなる。

茫然自失。

身を割るようだ。

割愛。

そういう言葉がよく使われるので、
子どもを失ったということから

チャイルドロス

そういう人々のことか。

間違いですが、あんがい、
当たっているような。

間違いだが、あたっている。

ロスチャイルド家。

間違っている、というのは

もともと、
ロスチャイルド家は
ドイツあたりの中欧ユダヤ系
であり、現地ではロートシルトと呼ばれていました。

Rothschild

ロスチャイルド家について
簡単に説明してある文章は、

ユダヤ系の金融資本家の一族としています。

18世紀後半フランクフルトで金貸し業を営み、
宮廷への出入りにより急速に富を築く。

19世紀ヨーロッパ各地に銀行を開き、
国際的な金融活動をおこない
各国の財政に関与した。

20世紀以降は
あたかも消え失せたかのような
書き方がされることが多いです。

「ロスチャイルド?
あんなの、もういないよ。」

「現代の世界経済で動かされる
お金はあまりにも巨額で、
一金融家族が牛耳れるようなものでは
ないんだ。」

金融や経営のエキスパートであるほど、
そのように言うでしょう。

無理もありません。

眼前の動向が
あまりにも激しすぎて、
かえってわからなくなっているのです。

まず、ここであらためて
あなたにお伝えしたいのは、

ロスチャイルド家は生きている。

ということです。

「では、どこにいるのか。」

そうですね、日本では
確かにあまり見かけないでしょうが、
欧州、そしてアメリカ合衆国では
依然として隠然とした勢力を持っています。

ただ、必ずしも
ロスチャイルドと名乗っていないだけで。

ファミリーは大勢いるのです。

名乗っていなければ、
存在しないと同じ。

それは間違いですね。

なにしろ、初代アムシェルドが多産でした。

18人の子どもをもうけたと
されています。

そのうちの5人の息子が
ヨーロッパ5カ国の首都に
支店を設け、金融資本家として
戦争を含めた国家の活動に関与します。

これまでにいくつも
ロスチャイルド家の歴史に
ついての本は著されてきました。

ごくあっさりとした
家族史から、世界的陰謀の中心として
描く陰謀史まで、視点により、
さまざまです。
家系図にしてみると確かに
その活動は、今日の私たちの
生活のあらゆる分野で深刻な
影響を保ち続けることがわかります。

今後、本の紹介とともに、人物や
この家系に関与するグッズ・モノ
などについても回をわけてお話ししていきたい
と考えています。

今回の記事は、
お話を始めるにあたっての
準備段階、という位置づけにあると
言えるでしょう。

そうですね、
ふりかえってみると、
私がこの一家の足取りにふれるたびに
思うのは、

『この一家の理想は何なんだろう。

どんなヴィジョンをもつのか。』

ということです。

彼らの行動の、あるいは存在の
本質は寄生、であるように見えます。

自らは生産せず、
しかも生きていくには、寄生する
相手が必要です。

宿主ですね。

寄生虫であるサナダムシが
私たちの身体に寄生する場合、
宿主は私たち、ということになります。

見方を変えると、
宿主がいるから寄生虫は
生きていけます。

寄生虫が宿主を殺してしまったら、
寄生虫も生きていけません。

とすれば、互いに
メリットになるようにする必要があります。

最近の言葉でいえば

Win-Win(どちらも勝ち)

ですね。

少し表現をかえれば

生かさず殺さず

でしょうか。

殺してしまえば元も子もないし、
あまり元気にしてしまうと寄生虫の
方の身があぶない。

あまりにも健康すぎると、
寄生虫の生存する余地がないのです。

長らく、
ロスチャイルド家について
考えてきましたが、
「これだ!」という確信は持てませんでした。

しかし、これではないか。

そうに思えるように
なったのは、これまでもお話ししている
人生のステージ理論を学ぶように
なってからです。

人生のステージ理論は、
個人だけでなく、
組織や社会、国家にも
応用できるものです。

となれば、家にも、家系にも
応用できるだろう。

そのように着想したのです。

ロスチャイルド家の
家系図はできていたのですが、
どのように見ていくか、
決めかねていた。

しかし、今はできそうです。

今後、ふみこんでいきますが、
あなたには、ロスチャイルド家に
ついて知っているかどうか、
あらためて記憶をふりかえってほしいと思います。

また、人生のステージ理論への
第一歩は、やはりこちらから
始めるのがよいでしょう。

(C級)X-Jr.コピーライター養成スクール
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#vvY0PE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)